チラシ,印刷について

チラシの制作での記載のポイントと印刷

印刷したチラシを見ると、できもよく理解でますが、人間の心理を理解しているものかどうかもわかります。
商品の販売などでも、印刷をしたチラシを見てみると、例えば割引でも、商品の元に価格がなく、ただ割引の数字だけ書いてあるものがあります。
こうなると、信用ができないということですし、いったいいくら擬態的に割り引いてあるのかも理解できません。
ポイントがずれているということですが、そうなると効果は期待できないということになります。
割り引く場合は、元も価格と割り引いた価格や割引後の価格などを明確にしておくと、驚いたり、買わなければいけないかもと考えたりします。
割引に弱いという人がいますが、そんな人たちも、このチラシでは、取りこぼしてしまうということになります。
比較する場合には、価格もですが、他の場合も、差を確実に理解できるように表示するということがポイントになります。
ただ安いということでは、誰も信用しないように、価格差をわかるようにしないと難しいとなります。